ヘルパーの資格と兼用できる介護事務の資格

ヘルパーの資格と兼用できる介護事務の資格

HOME ≫

ヘルパーの資格と兼用できる介護事務の資格

ヘルパーの資格と兼用できる介護事務の資格

私は若かりし頃に親から介護の資格を取るように進められ
ホームヘルパー2級の資格を何の興味も持たないまま取得しました。
なのでヘルパーの資格を生かす事なく就職には至りませんでした。
でも、30半ばを過ぎた今になって資格の大事さを噛み占めるようになったんですよね~。
言ってみればこの世の中、専門職に限っては学歴よりも経験や資格保持者が重宝されると思うんです。

年齢も35歳を過ぎると正社員の募集も限られ主婦だと尚更雇用先を見つけにくいんですから。
今すぐには子供がいて働きに出れないとしも子育てが落ち着く頃には家のローンもあるし
4人も子供がいると学費や塾代やらで飛ぶようにお金がなくなる。
ならばヘルパーの資格と共に生かせれるような介護事務の資格を取得したいと思うんです。

事務職と聞くと医療事務が1番に思いつくんですが介護事務や調剤事務なども注目を浴びてるんですよ。
私の場合だと経験は無くともヘルパーの資格を持っているので介護事務の資格がオススメらしくて
先々での就職の際に有利で武器になるのではと思い勉強しようと企んでいるんです。
この歳になって勉強するとは思ってもいなかったんですが高齢社会がどんどん進んでいる世の中に
適応している資格なら取得しておいても損はないはずですものね。

それに通信講座で学べるようだし子育て真っ最中の主婦にはぴったりの勉強スタイル。
費用も家計に響かないし思ってたよりも簡単な感じの勉強ですみそうなので
ヤル気のある今のうちに資格取得に向けての準備をするつもりです。